株ブログ・チャンネル

【バフェット太郎:共著】「老後資金2000万円を確実に作る!一生使える株の強化書」が10月15日に発売するよ!

HOME→カテゴリー:投資信託 中長期

投稿日:2019年10月6日

最終更新日2019年10月6日6:07 AM

バフェット太郎です。 


突然ですが、相場師郎さん、かぶ1000さん、www9945さん、山本潤さん、そしてバフェット太郎の5人による共著が10月15日に宝島社から出版されるので宣伝させてください!

タイトルは『老後資金2000万円を確実に作る! 一生使える株の強化書』で、本書の内容はそのタイトルの通り、「老後資金2000万円不足問題」について、どうすれば定年までに2000万円を貯めることができるのか、その方策を我々5人が提案したものです。

今回の企画では9通りのパターンが想定されています。
1
35歳で投資資金が100万円、300万円、500万円の場合と、45歳で投資資金が100万円、300万円、500万円の場合、そして55歳で投資資金が100万円、300万円、500万円の場合の9通りです。(※表内の利回りは65歳までに2000万円の目標をクリアするのに必要な年平均利回りです。)

昨年出版した、拙著『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』では、米連続増配高配当株やS&P500インデックスファンドに投資して配当を再投資することを推奨しており、想定利回りはインフレ調整済みで7%程度です。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

つまり、この投資法で目標をクリアできるのは9通りのうち2~3通り(35歳で300万円、500万円、45歳で500万円)まです。そのため、残りの6通りに関しては市場平均を大きく上回る”可能性のある”投資法を紹介しています。

もちろん、本来であれば米連続増配高配当株やS&P500インデックスファンドに時間をかけてコツコツと積立投資することがベストですし、定年年齢を超えても働き続けることで必要な老後資金を少なくすることが最良の選択です。

しかし、現実問題として、55歳で100万円しかなく働き続けることも難しい人はたくさんいるわけです。そういう人たちがどうすれば老後資金問題をクリアすることができるのか、また、どうすれば少しでも資産を増やすことができるのか、その一助になればと思います。

★★★

ちなみに、バフェット太郎は本書の第4章で登場します。前半部分では『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』の要約が、そして後半部分では市場平均を大幅に上回る投資法とその注意点等について書いてあります。また、今回は宝島社さんの取材と協力のもと作成して頂いておりますので、文体は極めて綺麗です笑

グッドラック。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 

SPONSORED LINK


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【バフェット太郎:共著】「老後資金2000万円を確実に作る!一生使える株の強化書」が10月15日に発売するよ!

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です