株ブログ・チャンネル

【悲報】米国株の強気相場が2020年に終焉する3つの理由

HOME→カテゴリー:投資信託 中長期

投稿日:2019年11月28日

最終更新日2019年11月28日6:04 AM

4
バフェット太郎です。

米国株の強気相場は2020年頃にも終わってしまうかもしれません。

過去10年を振り返ると、2010年の欧州債務危機、2011年の米国債ショック、2015年の中国発世界同時株安、2016年のFRBによる金融引き締め、2018年の米長期金利急騰、これまで幾度となく弱気派が予想した”強気相場の終焉”はことごとく杞憂に終わり、依然として強気相場が続いています。

しかし、「逆イールドカーブ現象」や「経済指標の悪化」「過熱するバリュエーション」の三つの事実を加味すれば、2020年頃に強気相場は終わってしまうかもしれません。

【逆イールドカーブ(長短金利の逆転)現象】
1
たとえば、通常、年限の長い債券ほど利回りが高く、短い債券ほど利回りが低い傾向にあるのですが、過去三回のリセッションを振り返ると、いずれもリセッション直前に年限の長い10年債が年限の短い3ヶ月債よりも利回りが低くなり、金利差がマイナスに落ち込んでいたことがわかります。

そして、金利差がマイナス圏からプラス圏に浮上し、そのプラス幅が0.6%を超えてからリセッション入りしていました。また、プラス圏に浮上してから実際にリセッションが訪れるまで2~7カ月の時間を要しました。

このように、逆イールドカーブが解消(長短金利差がプラス圏に浮上)した2019年10月を起点にすると、2019年12月~2020年5月頃までにリセッション入りすると考えられます。

【経済指標の悪化】
2
また、米第3四半期GDPの改定値は2.1%と依然として堅調であったものの、「設備投資」は-2.7%と減速懸念が引き続き示唆されました。

設備投資が減速している主な要因は、米中貿易戦争の行方が懸念されているほか、来年の大統領選挙の行方もリスク要因となっており、企業の投資意欲を抑制しています。

企業が設備投資を抑制すれば、雇用に関する支出も削減されるため、経済全体にとって悪影響を及ぼしかねないことから、「設備投資」が失速していることを投資家は憂慮すべきです。

【過熱するバリュエーション】
3

たとえば、株価のバリュエーションを計る指標としてPER(株価収益率)がありますが、それを応用したものに「シラーPER」というものがあります。

シラーPERとは、ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授が考案した指標で、過去10年間のEPSの平均値をインフレ調整した実質EPSでPERを計算するものです。そのため、一時的な要因による収益変動や景気循環の影響を除くなどノイズを消すことが出来るため、本質的な価値を計る指標として投資家の間で注目されています。

現在のシラーPERは30.6倍と、過去30年の平均値25.4倍を大きく上回っていることを考えると、米国株式市場は割高であると言えます。

こうした三つの要因から、米国株の強気相場は2020年頃にも終焉を迎える公算が大きくなりつつあります。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

さて、このような強気相場の最終局面において、投資家が将来のリスクヘッジの手段として資産の一部を安全資産に移すことは理に適っています。

たとえば、金や債券、円などが安全資産としての逃避先となりやすいですが、今後はこれにデジタル・ゴールドであるビットコインも含まれる公算が大きいです。
4
事実、ビットコインとダウ平均はすでに逆相関の関係を示しています。

とりわけ、債券に比べて金やビットコインの市場規模は極端に小さいため、ジャブジャブに溢れた投資マネーが流入すると価格が一気に高騰しかねません。別の言い方をすれば、金やビットコインはわずかな資金でリスクヘッジができる便利な投資先と言えるのです。

かくいうバフェット太郎も資産の一部をビットコインに振り分けています。ただし、ボラティリティ(変動率)が高いことを加味して、資産全体の2~3%程度に留めようと考えています。

ちなみに、バフェット太郎はサイトの使いやすさやからマネックス・グループ傘下で日本最大のビットコイン取引所「コインチェック」を利用しています。コインチェックは大手資本が入ったことで徹底したセキュリティ体制が構築されるなど、信頼できる取引所だと思います。

多くの個人投資家が将来の資産形成を目的に米国株をメインで運用することは極めて賢明なことです。しかし、せっかく投資の勉強をして生涯を通して投資を続けていくのなら、資産の一部を時代のサイクルやトレンドに乗った「趣味としての投資」に振り分けて、勉強しながら投資ライフを楽しむのも良いと思いますよ。

【コインチェックの無料口座開設】はこちらからどうぞ

グッドラック。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 

SPONSORED LINK


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

【悲報】米国株の強気相場が2020年に終焉する3つの理由

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です