株ブログ・チャンネル

【暴落】ピーター・ブラント氏「ビットコインは5500ドルまで暴落する」

HOME→カテゴリー:投資信託 中長期

投稿日:2019年11月25日

最終更新日2019年11月25日6:07 PM

バフェット太郎です。

仮想通貨ビットコインの急落が止まりません。

【ビットコイン:日足】
1
ビットコインは一時7000ドルを上回る場面がありましたが、再び下落に転じ、現在6737ドルで推移しています。

【ビットコイン:週足】
2
週足チャートを眺めると、50週移動平均線を割り込んでいることから、200週移動平均線である5000ドル水準をターゲットに下落する公算が大きいです。

ビットコインが下落している主な要因は、短期投資家が持ち高整理を進めたほか、仮想通貨の採掘を手がけるマイナーが利益確定売りに動いたためと見られています。また、中国人民銀行が引き続き仮想通貨業界にリスク警告したことも”売り”に拍車をかけました。

中国人民銀行は当局によるブロックチェーン技術の推進を受け、「仮想通貨取引の撲滅に向け監督を強化する」として、仮想通貨取引や仮想通貨に関連した資金調達、金融詐欺などの行為を厳しく取り締まる方針を示しています。

こうした中、著名テクニカルアナリスト、ピーター・ブラント氏はビットコインは5500ドルまで値下がりすると警告しました。

ブラント氏によれば、「5500ドルは現在の安値からさほど遠くはないが、低迷期は長くなるだろう」とし、2020年7月頃に安値をつけるとの見方を示しました。

さて、投資家の中にはビットコインを短期トレードして儲けたいと考えている人も少なくありませんが、トレンドが右肩下がりであることを考えると、今の相場は短期トレードには不向きな相場です。通常、短期トレードは右肩上がりの強気トレンドで「順張り」するのが基本だからです。

そのため、ブラント氏の予想通り低迷期が長くなれば、仮想通貨クラスタはしばらく沈黙することになりそうです。ただし、長期投資家にとって低迷期は絶好の買い場となる公算が大きいです。

そもそも、ビットコインはデジタル・ゴールドと呼ばれ、リスク資産のヘッジと見られつつあります。

【ビットコインとダウ平均の推移】
4
事実、ビットコインとダウ平均は逆相関の関係を示しており、ダウのヘッジ先になっているのです。

【ダウ平均:日足】
3


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ダウ平均はレジスタンス(上値抵抗線)を突破して新波動入りしているため青天井で、どこまで上昇するかわからなくなっています。しかし、世界経済の成長鈍化と米中貿易戦争の激化が止まらないことを考えれば、やがて米国株は暴落するのは必然です。

そして、その時投資マネーの受け皿となり得るのが金や仮想通貨ビットコインになってくるのです。金とビットコインはいずれも株式や債券と比べて市場規模が小さいことから、ジャブジャブと溢れている投資マネーが逆流すれば、これらの市場が沸くのは自然なことです。

そのため、米国株の強気相場が最終局面を迎えていることを考えると、今、売られているビットコインは投資家がリスクに備えて保有すべき資産であると言えるのです。

ただし、ビットコインは金と同様に資産運用の主要な投資先にはならないので、ポートフォリオに占める割合は2~3%程度で良いと思います。

言い方を変えれば、ビットコインは小さな資金でリスク資産をヘッジできるポテンシャルを持っているということです。
ちなみに、バフェット太郎はサイトの使い勝手の良さからコインチェック
を利用しています。

【コインチェックの無料口座開設】はこちらからどうぞ。

グッドラック。

コインチェック

コインチェック

【暴落】ピーター・ブラント氏「ビットコインは5500ドルまで暴落する」

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です