株ブログ・チャンネル

【PG】P&G、予想を上回る好決算で株価急騰!!

HOME→カテゴリー:投資信託 中長期

投稿日:2018年10月20日

最終更新日2018年10月20日9:13 AM

バフェット太郎です。

日用品世界最大手のプロクター&ギャンブル(PG)が第1四半期決算を発表しました。内容は良かったです。

EPSは予想1.09ドルに対して、結果1.22ドルと予想を上回りました。

売上高は予想164億6000万ドルに対して、結果166億9000万ドルと予想を上回りました。ちなみに売上高成長率は+4%と、過去5年で最も高い伸びを記録しました。

通期のEPS見通しは予想4.37ドルに対して、新ガイダンス4.35~4.56ドルと予想を上回りました。

【部門別営業利益シェア:2019.Q1】
1
プロクター&ギャンブルは主に五つの部門に別れていて「洗剤&日用品(29%)」「美容(24%)」「ベビー・女性&介護用品(23%)」の三大部門で全体の四分の三の利益を稼いでいます。

【部門別売上高と営業利益(対前年比)】
2
第1四半期は「美容」が特に好調で、前年同期比+13%と大幅な増益を達成しました。これは「SKⅡ」など高価格帯ブランドの販売が好調だったことで、オーガニックセールス(買収・売却や為替相場などの影響を除いた実質売上高)が+7%と大幅な増収を達成したためです。

また、「カミソリ」「ヘルスケア」「洗剤&日用品」も売上高がそれぞれ4%、4%、5%と伸長しました。しかし、ドル高による為替の影響を受けて、営業利益はそれぞれ1%、ー3%、ー3%と低迷しました。

ベビー・女性&介護用品は競争激化による影響を受けて、販売価格がー1%減、販売数量は+1%と低迷、さらに為替の影響を受けてー6%の減益に沈みました。

【プロクター&ギャンブル:日足】
3
予想を上回る決算発表を好感して、株価は前日比+7.00%と急騰しています。

さて、プロクター&ギャンブルは三カ月前に戦略転換を発表し、強力なブランド力を武器に値上げに踏み切る方針を示したものの、今回の決算では値上げがほとんど見られませんでした。

各部門の販売価格はそれぞれ「美容」が+2%、「カミソリ」+1%、「ヘルスケア」±0%、「洗剤&日用品」ー1%、ベビー・女性&介護用品ー1%で、むしろ値下がりしていることがわかります。

そのため、今回の好決算は販売価格の引き上げではなく、力強い需要を追い風に販売数量が伸びたことが要因として挙げられるわけで、今後は値上げによるマイナスの影響を見極める必要があります。

グッドラック。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 

【PG】P&G、予想を上回る好決算で株価急騰!!

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です