株ブログ・チャンネル

ソロス・ファンド・マネジメントもビットコインを評価

HOME→カテゴリー:投資信託 中長期

投稿日:2021年3月28日

最終更新日2021年3月28日6:06 AM

バフェット太郎です。

著名投資家ジョージ・ソロス率いる投資会社「ソロス・ファンド・マネジメント」の最高投資責任者ドーン・フィッツパトリック氏がビットコインを評価していることを明かしました。

ブルームバーグTVのインタビューで、フィッツパトリック氏はビットコインに対して「興味深い資産だ」とし、「法定通貨はマネーサプライ(通貨供給量)が急増したことでインフレリスクが高くなっている一方、ビットコインの発行枚数は固定されている」と語りました。

また、「ビットコインに対しては通貨ではなく、コモディティと考えている」とした上で、「ビットコインは金投資家からもシェアを奪っている」とし、ビットコインを金の代替資産として投資している人たちがいることを示唆しました。

2020年のコロナ対策を大義名分にFRB(米連邦準備制度理事会)は量的緩和を、政府は巨額の財政出動に踏み切ったことから、マネーサプライが爆増しており、これによって、インフレリスクが高まっていると考えている投資家は少なくなく、ナスダックに上場しているマイクロ・ストラテジー社やテスラ社、スクエア社なども、インフレリスクを懸念してビットコインに投資したことを表明しています。

ちなみに、ビットコインを巡っては、保険会社や年金基金、ヘッジファンド、上場企業などが相次いで投資を始めており、最近では一部の政府系ファンドがビットコインに投資するかもしれないことが噂されています。

そもそも、政府系ファンドは、政府が出資する政府系投資期間が運営するファンドのことですが、これまで、一部の政府系ファンドが仮想通貨関連企業に投資したり、ビットコインを大量に保有するマイクロストラテジー社に投資することで、間接的にビットコインに投資することはケースがありましたが、直接ビットコインに投資するということが明かさられたことはありません。

政府系ファンドがビットコイン投資を検討する理由は機関投資家と同じで、マネーサプライの膨張を懸念しているからだと言われています。コロナ対策で米国だけでなく、世界先進各国の政府と中央銀行がマネーサプライを爆増させていますから、ドルやユーロ建ての資産運用が再検討されているのです。

そのため、今後、機関投資家や企業だけでなく、巨額の資金を運用する政府系ファンドまでビットコインへの投資を始めれば、ますます投資マネー流入による価格の上昇が期待できます。

【ビットコイン:日足】
1
ビットコインの日足チャートを眺めると、一時5万0400ドルと、史上最高値の6万1700ドルから18.3%安と急落する場面がありました。

しかし、50日移動平均線をサポートライン(下値支持線)に反発したことから、上昇トレンドが維持された公算が大きいです。そのため、短期的には史上最高値の6万1700ドルをターゲットに再び上昇することが予想されます。

また、史上最高値を更新すれば、青天井となりますから値動きが軽くなり、一段と値上がりすることが期待できます。

とはいえ、バフェット太郎はビットコインに集中投資すべきではないと考えています。なぜなら、ビットコインは非常にボラティリティ(価格変動率)の高い資産だからです。そのため、ビットコインに投資をする場合はポートフォリオの1~3%までを目安に投資を始めるといいと思います。

こうすることで、たとえビットコイン価格が半値になったとしても、ポートフォリオ全体の資産が98.5%~99.5%になるだけなので、残りの資産を年間0.6%~1.6%で運用するだけで、元の資産額に戻すことができるからです。

また、仮に保有している1~3%分のビットコインが10倍に値上がりすれば、ポートフォリオに占める割合は10~30%と、あなたの主要な投資先になりますし、もし100倍に値上がりすれば、ポートフォリオに占める割合は50%~75%まで高まり、あなたの主力銘柄になるほか、資産額は2~4倍に増加します。(※ビットコインは基本的にバイ&ホールド戦略を採用します。)

ちなみに、バフェット太郎はBTCを購入する際コインチェック」を利用しています。

コインチェック」はマネックス・グループの傘下になったことで、徹底したセキュリティ体制が構築されましたから、安全性の面から信頼できる取引所ですし、サイトも非常に使いやすいのでオススメです。

また、「ビットフライヤー 」はビットコインを100円から(※コインチェックは500円から)と少額投資できるので、気軽に少額分散投資をしたい個人投資家にオススメです。

加えて、「DMM Bitcoin
」はバフェット太郎とのタイアップ企画として、キャッシュバックキャンペーンを実施していますから、この機会に口座を開設してくれると嬉しいです。

グッドラック。 

【コインチェックの無料口座開設】はこちらからどうぞ 

【ビットフライヤーの無料口座開設】はこちらからどうぞ

【DMM Bitcoinの無料口座開設】はこちらからどうぞ

DMM Bitcoin

コインチェック

※1 暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ 

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2019年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む) 

仮想通貨取引におけるリスクについてはこちらをご覧ください 

ソロス・ファンド・マネジメントもビットコインを評価

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です