株ブログ・チャンネル

トルコショックは逆張りのチャンスも、インフレ率24.5%はヤバすぎる!

HOME→カテゴリー:株主優待 配当

投稿日:2018年11月27日

最終更新日2018年11月27日5:25 PM

 

■ トルコリラ相場は落ち着いてきた!

2018年8月に、トルコリラが、対ドルで2割も急落をキッカケに、新興国通貨は大幅に下落しました。
いわゆるトルコショックと言われる出来事です。

それから3ヵ月が経過しました。
トルコ中銀の利上げや経常黒字もあって、最近はやや落ち着いています。
最悪時は、1ドル7.2リラの最安値を記録しましたが、今は、5.7リラまで戻ってきました。

〔参考記事〕高配当株おすすめ銘柄10選 〔2018年版〕

■ トルコ株は前年比の約2割の水準だ!

トルコの株価指数イスタンブール100は、2018年1月に12万リラを記録していました。
それが、トルコショック時には約8万リラまで急落しました。
現在は、約9万5千リラまで戻していますが、リラ安によって、円建てでみると、見た目以上に割安感があります。

また、リラ安によるトルコ企業への業績への影響をみると、メリット・デメリットの両面があります。
まず、外貨建て債務の返済負担が増加するので、特に、債務が多い企業によっては、収益悪化を招きます。
一方で、輸出企業にとっては、自国通貨が安くなると、価格競争力が高まるメリットがあります。

〔参考記事〕興銀リースが凄い。株主優待・高配当・連続増配まとめ!

■ 投資するには超インフレが障害だ!

株価や為替の暴落時は、逆に投資のチャンスでもあります。
僕も、トルコショック時に、トルコ株への逆張り投資を考えました。

最終的には、投資しませんでしたが、その判断に大きく影響を与えたのが、トルコの超インフレ状況です。
トルコの直近のインフレ率は24.5%にも達します。

現在、1万リラで買える商品が、1年後には1万2500リラ、2年後には1万5千リラになります。
そして、4年後には2倍のお金があっても買えなくなります。

デフレが続いた日本では、信じがたいインフレ率です。
当然、経済の混乱も予想されます。
暴落はチャンスなので、トルコ株には、興味津々ですが、超インフレ率が不気味なので、今回は投資を見送っています。

〔参考記事〕リーマンショックの株価の動きから、株価暴落の対応を学ぶ!

気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

トルコショックは逆張りのチャンスも、インフレ率24.5%はヤバすぎる!

Source: 株主優待と高配当株を買い続ける株式投資ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です