株ブログ・チャンネル

パウエルFRB議長の議会証言、ハト派で金鉱株に追い風か

HOME→カテゴリー:投資信託 中長期

投稿日:2019年7月11日

最終更新日2019年7月11日6:04 AM

バフェット太郎です。

パウエルFRB議長は議会証言で、「米経済の先行き見通しは改善していない」として、7月末のFOMC(連邦公開市場委員会)で利下げに踏み切ることを示唆しました。

この日、投資家らはパウエルFRB議長が議会証言で、いかなる発言をするのかについて注目していました。とりわけ6月の雇用統計が予想を上回る強い内容だったことから、利下げ圧力が弱まったとして、パウエルFRB議長がタカ派寄りの発言をするのでは?との懸念もありました。

しかし、パウエルFRB議長は議会証言で、「貿易摩擦を巡る不透明感や世界経済の力強さへの懸念が引き続き米国経済の見通しを圧迫している」とし、「インフレ圧力は依然として落ち着いている」とし、従来のハト派寄りの発言をし、投資家らを安心させました。

また、パウエルFRB議長は、貿易戦争を巡る懸念から「企業の設備投資が著しく鈍化した」とし、さらに「海外の一部主要国で経済の勢いが鈍化しており、その弱さが米国経済に悪影響を及ぼす可能性がある」とし懸念を示しました。
1
パウエルFRB議長の議会証言を受けて、7月のFOMCで0.50%ポイントの利下げが実施されると見る確率は25.6%と、前日の3.3%から急上昇しました。

【ヴァンエック・ベクトル・金鉱株ETF(GDX)】
2


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)は25ドルのレジスタンスを上にブレイクアウトしたことで、次のターゲットは16年高値の31.28ドルになります。

ちなみに、ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETFは、世界の金鉱株で構成される指数に連動するETFで、国別ではカナダが半数を占め、米国と豪州を入れれば86%を占めます。カナダ、米国、豪州は露天掘鉱山といって、地表から渦を巻くように地下めがけて掘っていくタイプの、比較的産金コストの安い金鉱床を保有していることから、損益分岐点は低く利益は出やすいです。

一方で、産金国として知られる南アの金鉱山は、坑内掘鉱山といって、アリの巣のように真下に掘っていくタイプの、比較的産金コストの高い金鉱床が多いため、損益分岐点が高く利益は出にくいです。ただし、その分株価は割安に放置されやすいことから、金価格が高騰する局面では、露天掘鉱山を保有するカナダや米国の金鉱株よりも大きな値上がり益が期待できます。

ちなみに、南アの金鉱株にはアングロゴールド・アシャンティ(AU:76億ドル)、ゴールド・フィールズ(GFI:46億ドル)、シバンエ・スティルウォーター(SBGL:31億ドル)、ハーモニー・ゴールド(HMY:12億ドル)、DRDゴールド(DRD:2億ドル)があります。「※()内はティッカーシンボルと時価総額」

過去を振り返ると、金利の下落は金鉱株の上昇を意味したため、FRBが利下げに踏み切ることは金鉱株に追い風が吹いていることを意味します。ただし、FRBによる7月の利下げはあくまで「予防的な利下げ」であるため、将来、景気が上向けば再び利上げに転じかねません。すると、利下げを期待していた金鉱株は大暴落するなんてことになりかねないので、リスクの取りすぎには注意してください。

グッドラック。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 

SPONSORED LINK


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

パウエルFRB議長の議会証言、ハト派で金鉱株に追い風か

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です