株ブログ・チャンネル

米株急反発も、ハイテク株による下押し圧力が続く理由

HOME→カテゴリー:投資信託 中長期

投稿日:2018年11月27日

最終更新日2018年11月27日6:07 PM

バフェット太郎です。

26日のNYダウ株式市場は前日比+354ドル(+1.46%)高の2万4640.24ドルと大きく反発して取引を終えました。上昇した主な要因は、これまで売られすぎていたハイテク・金融・エネルギー株などが買い戻された他、「サイバーマンデー」への期待感から小売株が上昇したためです。

アドビ・システムズによれば、今年のサイバーマンデーの売上高はおよそ78億ドルと過去最高を記録したとのこと。これを受けて、ネット通販世界最大手のアマゾン・ドットコム(AMZN)の株価は前日比+5.28%高の1581.33ドルと大きく上昇しました。

また、ウェルズ・ファーゴ(WFC)+2.03%高、JPモルガン・チェース(JPM)+2.45%高と金融株が軒並み上昇したほか、エクソン・モービル(XOM)+1.97%高、シェブロン(CVX)+1.21%高とエネルギー株も軒並み上昇しました。

しかし、これは売られすぎによる買い戻しに過ぎないことから、利上げの打ち止めが決定するまでは一本調子で回復するとは考えにくく、ズブズブと下に沈んでいくような相場になると思います。

【ナスダック総合指数:週足】
1
特にこれまで相場全体の牽引役となってきたナスダックが足枷となる公算が大きいです。ナスダック総合指数は短期的に7600ポイントまで回復し、その後は一転して急落していくと思います。

さて、市場の関心は今週末に控えている米中首脳会談へと移りつつあります。

ウォールストリート・ジャーナルによれば、トランプ大統領は2000億ドル相当の中国輸入品に対する関税率を予定通り25%に引き上げる考えを示しており、中国側が要求する税率引き上げの凍結に応じる可能性については「極めて低い」としています。

また、トランプ大統領は中国から輸入されるアップルの「iPhone」やノートパソコンにも10%の関税を課す可能性があるとし、相場にネガティブ・サプライズを与えました。

このニュースを受けて、アップル(AAPL)の株価は時間外取引でー2.11%安の170.93ドルに急落しています。

続きを読む

米株急反発も、ハイテク株による下押し圧力が続く理由

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です