株ブログ・チャンネル

1月5週、海外投資家は1兆1888億円売り越し!

HOME→カテゴリー:プロアマ  株日記

投稿日:2018年2月11日

最終更新日2018年2月12日4:46 AM

海外勢の売買情報~。

1月5週(1/29~2/2)、海外投資家は日本株を先物・現物合計で、

1兆1888億円の売り越し!

またまた爆売りきたああああああああああ!

内訳は、現物3525億円の売り越し、先物8362億円の売り越し!
両方とも爆売りだけど、特に先物!
先物の爆売りは先の相場の崩れを示唆する…

チャートに重ねるとこんな感じ。
1月5週の日経は357.35円下がりました。
海外勢が1兆円も売っているにしては、下がっていないような…?

まぁ、次の週にドーンと落ちたんだけどね…
結局、1月2週の先物1兆円売りがすべての始まりだったってことだにゃー。

今回の暴落って、VIXをショートしていた勢があまりの相場の急変動に大損したからだとか、いろいろ言われているけど…
海外勢の売買動向を見ると、ただ「海外勢が売ったから落ちた」ってそれだけのことなんだよね
VIXとかはすごいミクロな話であって、本質ではないと思う。

個人は3589億円の買い越し
逆張り個人が買いまくっています。

信託銀行も1434億円の買い越し。

海外勢の大売りVS個人+信託銀行の買い!

日銀のETF買いは、1/30、2/2の2日。
合計1466億円のお買い上げ。

1月の日銀のETF買いの合計は4410億円でした。
目標の5000億円にはちょっとだけ届かず。
(まぁ、2月は大量買いになりそうだけど)

2018年年初からの売買合計金額。

海外勢は2兆5305億円の売り越し!
1カ月ちょいでこの売り越し額はやばい…

個人は2045億円の買い越し
逆張りしまくって、買い転換しちゃいました

信託銀行は3828億円の買い越し

海外勢以外はみんな買い!

海外勢の現物保有額は再び右肩下がりに…
これを見るとまだ下がり始めたばかりって感じだよね。
2015年8月のチャイナショックの時は現物だけで4兆円くらいは売ったから、それに比べたらまだまだ…
あと3兆円くらいは売り余地がある計算になります。

個人ははっきりと買い始めているよー。
海外勢が売っている間は個人は買い続ける…

裁定買残
2/2時点で、株数が10億4002万株(前週比-1億8486万株)
金額が2兆3594億円(前週比-4741億円)

ドカンと減ったあああああああああ!
完全に下向きに走っています。
この垂直落下っぷりはやべえ…

2/7時点では、枚数が8億6001万株…
さらに2億株近く減っているよー
海外勢が先物を売りまくっている、っていうのが、はっきりとデータに示されています

ただ、ちょっと急激に減りすぎているような気も…
裁定買残は絶対にゼロ以下にはならないものだから、このペースで永久に減り続けるっていうのはありえないし、どこかで必ず止まるはず
2016年のトランプが当選する前のどん底期でも3億株くらいだったから、そこまでは減らないと思うんだけどな~

裁定売残
2/2時点で、株数が1億4567万株(前週比+771万株)
金額が5258億円(前週比+203億円)
ちょろっとだけ増えています
買残の急減っぷりに比べたら微々たるものです

信用買残
2/2時点で、株数が28億4591万株(前週比+6350万株)
金額が3兆4304億円(前週比+1383億円)

ドーンと増えた!
個人の信用組は逆張りで買いまくりです!

海外勢が売りまくって、個人の信用組が買いまくっている…
こいつぁやべえぜ……
個人の信用組があきらめて売り始めたあたりが底になりそうな気も

信用売残
2/2時点で、株数が6億0649万株(前週比-1954万株)
金額が9363億円(前週比-578億円)

そこそこ減りました。
株価が落ちたので、買い戻しが入っているのかと。
金額ベースで見ると、まだ1兆円近く残ったままだから、まだ買い戻し圧力がありそうにも思えるんだけど、枚数で見ると6億枚って、かなり低い水準なんだよね。
株式併合のおかげでデータに連続性がなくなってしまって、どっちで判断していいのかわかんなくなっちゃった…

騰落レシオは
2/9時点で
25日騰落レシオが80.91
15日騰落レシオが73.44
10日騰落レシオが58.33

かなり下がってきたよー
でも、まだ限界まで下がったってほどではないです

今までの経験上、25日騰落レシオが60台に、15日騰落レシオが50台に達した時くらいで底打ちのことが多いです

値上がり500、値下がり1500の値下がり超の日が続くと仮定して、今後をシミュレートしてみると、
25日騰落レシオが60台に達するのが2/15
15日騰落レシオが50台に達するのが2/14
今週中には底打ちするってことに

でも、そこまで全面安が続くとは限らないし、値上がり超の日が1日入ると先延ばしになっていくので…
わかんないです

それでも、今週から来週あたりには底打ちするんじゃないかなぁ、ってふうに、騰落レシオからは読み取れます。

2/9時点で、日経PERは13.08!
EPSは1634.76!

PERは13割れギリギリ!
そして、EPSは1600を超えちゃいました!!

3月の本決算でEPSは1600くらいまで上がって着地するんじゃないかなー?って思っていたけど、第三四半期の決算で早くも1600を超えちゃったよー。ひええ。
前週(2/2)が1541.36だったから、6%くらい急増!
(たぶん、トヨタがトランプ減税がらみで業績を上方修正したからだと思う。トヨタは利益が桁違いに大きいので、EPSに影響が大きいのです)
この分だと、3月決算はEPSが1700くらいまで上がって着地してもおかしくないよー。
前期(2017年3月期)のEPSが1350くらいだったはずなので、現時点で+20%増益くらい。最終的には+25%増益くらいまで行ってもおかしくない!
とんでもない好業績!

それにもかかわらず、株価が急落しているもんで、PERが13.08ととんでもない安値に!
PERがここまで下がったのは、2016年6月のブレグジットの時以来…
あの時は12.62が最低値でした
今回も同じところまで落ちると仮定して計算すると、日経の底値は20630ってことになります
今回そこまで行くのかどうかはわからないけど…

とにかく、今の株価はファンダメンタルズで考えると安すぎる!

異常な安値と言っていいと思う。
ファンダで判断したら、ここは絶対に買い場だと思うんだけどな~。

企業業績がここから急激に悪くなるって言うのは考えにくいし…
あるとしたら為替が円高に振れることだけど、それでも今の株価はドル円100円はおろか、90円くらいまですでに織り込んだ数字だよー。
そのくらい安い!

空売り比率

2018/2/5 44.5
2018/2/6 42.7
2018/2/7 41
2018/2/8 45.8
2018/2/9 46.1

一週間を通して40超え。
しかも、2/9は驚異の46.1%だよ!
まぁ、SQ事情もあったんだろうけど…
(価格規制ありが38.0%、価格規制なしが8.1%と価格規制なしが多かったです。SQはいつもこのパターン)
それでも、46.1%は…過去最高値に近いんじゃないかなぁ?

……調べてみたら、ブレグジットの直前のSQ、2016年6月10日の47.1%に次いで2位の記録でした(たぶん)
まぁ、この日は価格規制なしが21.90%という異常値だったので…比べてもしょーがないかも。

日経PERのところでも、ブレグジットの時以来の安値って話を書いたし、なんか、ブレグジットの時と奇妙な一致が多いよ~。
……という事は天与の買い場なのかも?
わかんないけどねー。

シカゴ先物市場の投機筋の円建て玉
1/30 114696 円ショート→2/6 112876 円ショート
微妙に円売りポジションが減ってきています。
それでも、過去最大級の円売りポジションが積み上がったままだけどねー。

ロングショートを分けて見ると、ロングも減って、ショートも減る…
なんとも言えない動き
投機筋はまだどっちとも動いていないみたい

投機筋のユーロ買いのポジションも減っています。
でも、ほんのちょっとだし、まだ完全にユーロ買いに見切りをつけたってほどではないような…。

ユーロ買いが終わるってことは、ドル安が終わるってことだから、コモディティやアメリカ株に下落圧力がかかるってこと。
なので、注視!

個人はドーンと円売り!
レンジの下限にほぼ達したので、一斉に円売りに走っています。

個人がこれだけ円売りに傾いたのっていつ以来だろう??
たぶん、2016年の半ば以来じゃないかなぁ。

まとめ

海外勢は1兆円規模の大売り!
まだまだ売っているよー。

1月1週の新年のご祝義買いを除くと、1月2週~5週の4週間で3兆2175億円の売り!
2015年8月のチャイナショックの時が4週で4兆0233億円の売り越しだったから、それに迫る売り越しです。
しかも、まだアメリカ株と日経が総崩れになった2月1週分は入っていなくて、だからね!
最終的にどのくらいまで売り越し金額が膨らむのかそら恐ろしい…

ちなみにチャイナショックの時は、8月2週から9月5週まで8週間売り続けて、合計7兆0799億円の売りでした。

今回、海外勢の売りが始まったのが1月2週からだから、同じだけ(8週間)売り続けるとすると、2月4週までってことになります。
やっぱり、2月末~3月頭くらいまでは売り続けて、本格的な反転攻勢はその後じゃないかなぁ?

日経の底値予想は…

今までの暴落を振り返ってみると、25日線からの乖離度が
2013年5月のバーナンキショックの時が-11.91(88.09)
2016年8月のチャイナショックの時が-12.24(87.76)
2016年1月が-11.69(88.31)
2016年2月が-11.87(88.13)
だいたい、-12%くらいで底打ちしているんだよね。

今、25日線が23319.89だから、乖離度-12%で計算すると…
20521.50!

上の日経PERのところで、ブレグジットの時を参考に計算したファンダメンタルズ上の底値も20630と、奇妙に似たような数字になっちゃったし、だいたい20500くらいで底打ちかなぁ、と。

20500くらいで底打ち!反転攻勢の開始は2月末~3月頭くらい!

…っていうのが、今のあたしの予想です。

戻り局面になったら、最低でも半値戻しくらいはするだろうから、1月の高値24129.34と底値予想の20500の真ん中、22300くらい?までは戻すと思う。
たぶん……23000くらいまでは行けるんじゃないかな……
2/2~2/5に開けた窓、23112.45~22967.69を埋めるか埋めないかくらいまでは…

底値は20500
2月末~3月頭くらいから反転上昇を開始
5月頭頃に23000くらいまで戻して天井
そこからまた下へ…

…みたいな動きを考えています。
結局、今年もセルインメイになるんじゃないかなぁ、と。

あたしの当たらない予想でした!

ブレークイーブンインフレ率は2/8時点で2.09
目先ちょっと下がってきています

株が落ちているのもあるんだけど、たぶん、コモディティが崩れているのが影響しているんじゃないかなぁ?
なんとなく、インフレ率は天井を打ったような気配が…
まだわかんないけどね!

3月FOMC時の政策金利予想。
利上げありの150-175(茶色)がちょっと停滞して
利上げなしの125-150(紫)がちょっと戻してきています

グラフにはまだ反映されていないんだけど、最新の2/11時点では、利上げありの確率が71.9%まで落ちています。
(一週間前まで76%くらいありました)
あきらかに株安の影響だよね
アメリカ株がガクッと崩れちゃったので、パウエル新FRB議長はそれでも利上げに踏み切ることができるのか?市場はちょっと疑心暗鬼になってきてる…。
80%以上あれば利上げは確実なんだけど、70%はひじょーに微妙……
70%のまま3月FOMCを迎えて、利上げってことになったら、市場は混乱するかも…
でも、たぶん、そんな事にはならないんじゃないかなぁ?

2月下旬~3月頭くらいに講演かなにかで、パウエル議長の利上げに前向きな発言が飛び出して地ならしして、3月利上げの確率が80%以上に跳ね上がって、3月FOMCで利上げ、ってことになりそう。
なんとなく、そのパウエル議長の発言が、株式市場の反転の狼煙になりそうな…?

パウエル新FRB議長って、2/5に就任だったんだけど、その日にダウが1000ドル急落したんだよね…。
今の株式相場の暴落って、パウエル議長に対する市場の挑戦状みたいなものなのかも?って気も…
お手並み拝見って感じで。

ちなみに、グリーンスパン議長も就任2か月後にブラックマンデーだったんだよー。

コモディティのCRB指数は右肩下がりに崩れ落ち始めているよー。
200日線で止まるかどうかに注目!

コモディティが下がるってことは、インフレ率が下がるってことってことであり、利上げが先延ばしになるってことで、金利の上昇にストップがかかる…。

原油のチャートはこんな感じ。
右肩上がりのトレンドが完全に崩れちゃいました。

2016年2月からずーーーーーっと右肩上がりを続けてきたパラジウムもついに崩れました。

投機筋のパラジウムのポジションを見てみると、買いがガクーッと減ってきているよー。
投機筋が投げ始めている…

原油はまだ…投げていないけど、パラジウムと同じようなチャートになってきているし、投機筋のポジションは引き続き要ウォッチだと思う。

ちなみに、2/10に発表された最新のリグ数は、前回765→791に大幅増加!
ずーっと740~750くらいをフラフラしていたんだけど、一気に上にぶっ飛んだよー。
シェール企業が再び動き始めたっぽい。
リグ数っていうのは、一度上がり始めるとしばらくは上がり続けるものだから(そんな簡単にリグを動かしたり止めたりできないからね~。まぁ、それでもシェールはかなり機動的にできるみたいだけど)、原油はかなり苦しい状況に追い込まれそう。

いつもの朝の更新に載せているハイイールド債のチャート。
先週金曜にめちゃくちゃ長い下髭を描いて、目先は底打ちしたっぽいんだけど…

長期のチャートを見てみると、200日線をはっきりと割ってしまって、2016年2月から続いてきた右肩上がりのトレンドがついに終了した臭い…。
まぁ、ここから一直線に落ちたりはしないと思うけど、上がったり下がったりを繰り返しながら、上値を切り下げていく展開になると思う。
ハイイールド債が右肩下がりになるってことは、株も右肩下がりになるってこと。

パラジウムもそうだし、ハイイールド債も、株も、2016年2月をボトムに反転上昇してきたトレンドがついに終了したっぽい…

長期目線では、ハイイールド債がもう一度はっきりと右肩上がりになるまでは、株も触らなくていいんじゃないかなぁ?

投機筋の米国債ポジション
大きく売りに傾いているよー。
買いポジションが減って、売りポジションが増える、完全に売りの流れ。

これだけ見ると、米国債売りがまだまだ続きそうなんだけど…
ただねー、2017年の初めの頃がそうだったんだけど、投機筋が米国債売りに大きく傾いた時が米国債の底だったんだよね~。
結局、投機筋は売りポジションを投げ捨ててすごすご撤退するハメに…。
今回もそうなる可能性は…あると思う
わかんないけどね!

更新が遅くなってごめんよー。
ただいま2/12の午前4:04!
もう朝!

1月5週、海外投資家は1兆1888億円売り越し!

Source: かぶみのトホホ株日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です