株ブログ・チャンネル

6月26日の注目銘柄 カルナバイオサイエンスの株価の将来性は?今後の予想もしてみた

HOME→カテゴリー:初心者 基礎知識

投稿日:2019年6月26日

最終更新日2019年6月26日3:34 PM

 

 

皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は25日に大きく急騰した

 

【4572 カルナバイオサイエンス】

 

がどんな理由で株価が上昇した理由、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<4572> カルナバイオサイエンス】

 

26日終値1362円

 

 

【好材料内容は?】

2019年12月期の通期の業績の修正を行い、売上高は従来の12億4000万円から30億3800万円へ、営業利益は従来の16億5800万円の赤字から3億1300万円の黒字へ、純利益は従来の16億9300万円の赤字から2億1400万円の黒字へそれぞれ上方修正すると発表しました。


この事が好感されて26日には大きく株価を上昇させています。

 

【どんな会社?】

キナーゼたんぱく質の販売や受託試験などの創薬初期の支援事業を収益の柱としています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

数ヵ月前までは1000円を越えていたのですが一ヶ月ほど前に1000円を切るとそのままズルズル下落してしまっていました。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

2015年に一時6000円を越えるまで急成長を遂げますがそこからは元気のない展開が続いています。

 

 

 

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

上にも書きましたが今期19年12月期の通期の業績予想は

売上高 30億3800万円
(前年同期比4.0倍)

 

営業利益 3億1300万円の黒字
(前年同期は11億4400円の赤字)

 

純利益 2億1400万円の黒字
(前年同期は12億1000万円の赤字)

 

 

に対して今期2019年12月期第1四半期まで発表しており

売上高 1億6900万円
(前年同期比19.5%減益)

 

営業利益 2億3300万円の赤字
(前年同期は1億8800万円の赤字)

 

純利益 2億3600万円の赤字
(前年同期は1億9400万円の赤字)

 

となっています。

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……89.9%

 

かなり高い数字ですね。
二日連続で大幅に上昇した影響で数字も一気に上がりました。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……➕43.5%

 

こちらもとんでもない数字になっています。
反落する可能性もありますが勢いがすごいのでまだまだ上がる可能性も秘めていますね。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……58.3%

 

今のこの数字が今後の株価に大きく影響することはないでしょう。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【横ばい】

 

75日平均線は横ばいを続けていますがこの上昇基調が続けばすぐに上向きに角度を変えるでしょう。

 

【まとめ】

今回は通期予想の大幅な上方修正と言うような発表がありましたが、直近の目標としては【来期以降も黒字を維持すること】を目指す動きになるかと思います。

 


今回業績を修正した背景としては、今回の修正発表と同時にアメリカのギリアド・サイエンシス社と研究開発中の新規ガン免疫療法の創薬プログラムの開発・商業化に関する契約を締結したと発表し、その対価として一時金約21億円を受領したことや、更に開発された医薬品の上市後は売上高に応じたロイヤルティーを受けとるとしています。

 


株価自体は先日の25日に大きく上昇し、翌日も買い気配で始まるなど非常に力強い動きになっており、今回の発表によって投資家の買いの勢いの高さが伺えますね。

 


第一四半期の発表を終えて上半期の業績の発表を控えたこの時期での業績の上方修正。

 


しかもその修正額が非常に高く、10億円以上あった赤字額を一気に黒字に転換させるほどの修正額とあって大きなサプライズとなっています。

 


業績修正の背景にもあるようにアメリカの会社と業務提携をし、一時金を受け取ったことによって修正しただけなら恐らくここまで上がらなかったと思いますが、今回の契約によって今後開発された医薬品のロイヤルティーを受け取れるということで売上高や利益関係にも大きく貢献しており、その点で今後への期待も高まったことが大きく株価の上昇に繋がっていますね。

 


今後の予想ですが恐らくまだこの上昇基調は続いていくでしょう。

 


それだけ大きな発表だったことは間違いないですし、カルナバイオサイエンスとしても大きく株価を上昇させた2015年以来の黒字着地を見込んでいるとあってまだ上っていくと思います。

 


しばらくは株価の上昇と利益確定の売りで荒い動きが続くと思いますので売買のタイミングを間違えないように注意が必要ですね。

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

 

 

 

【関連リンク】


こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

6月26日の注目銘柄 カルナバイオサイエンスの株価の将来性は?今後の予想もしてみた

Source: 株初心者副業男のデイトレ・スイング検証ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です