株ブログ・チャンネル

7月29日の注目銘柄 富士通の株価上昇の理由とナゾに迫る!チャートから今後の予想も

HOME→カテゴリー:初心者 基礎知識

投稿日:2019年7月29日

最終更新日2019年7月29日3:26 PM

 

 

皆様、こんにちは‼
副男です‼

 

今回は26日に大きく急騰した

 

【6702 富士通】

 

がどんな理由で株価が上昇した理由、更にチャートや業績、テクニカル指標などを用いて今後の私的な予想をたてたいと思っています‼

 

 

 

 

 

 

【本日の注目銘柄】

 

【<6702> 富士通】

 

29日終値8698円

 

 

【好材料内容は?】

2020年3月期第1四半期の決算を発表し、売上高は8387億3700万円で前年同期比3.3%減益、営業利益は33億8500万円で前年同期比95.7%減益、純利益は70億9400万円で前年同期比90.2%減益だったとそれぞれ発表しました。


一見大きく減益で悪材料に見えますがこの日は株価が急上昇しました。
理由については下に記載します。

 

【どんな会社?】

言わずと知れたITサービスやサーバーで国内首位を誇っており、官公庁や金融向けの流通が多いことでも知られています。

 

【チャートで見た株価の流れは?】

 

『半年間のチャート』

 

半年間のチャートで見てみると

 

5月の頭に一度大きく窓を開けて下落してしまっていましたがそこからしっかり株価を戻してきていました。

 

『10年間のチャート』

 

そして過去10年間のチャートの推移を見てみると

 

高いところで8000円台、低いところで2000円台と大きく乱高下しているところが特徴として挙げられますね。

 

 

 

 

 

 

【直近の業績と今期のここまでの業績は?】

 

今期20年3月期の通期の業績予想は

 

売上高 3兆7500億円
(前年同期比5.1%減益)

営業利益 1300億円
(前年同期比0.2%減益)

純利益 1050億円
(前年同期比0.4%増益)

 

 

に対して上にも書きましたが今期2020年3月期第1四半期まで発表しており

 

売上高 8387億3700万円
(前年同期比3.3%減益)

営業利益 33億8500万円
(前年同期比95.7%減益)

純利益 70億9400万円
(前年同期比90.2%減益)

 

となっています。

 

 

【様々な指標から見た結果は?】

本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。

『RSI』

 

RSI……91.4%

 

かなり高い数字ですね。
株価の上昇がそのまま数字に現れています。

 

『移動平均線乖離率』

 

25日平均線乖離率……11.6%

 

こちらもかなり高い数字ですね。
株価が落ち着いてきたのである程度の反落はあるかなと思います。

 

『サイコロジカル』

 

サイコロジカル……66.6%

 

この数字が今後の株価に大きく影響することはないでしょう。

 

『移動平均線』

 

日足で見た移動平均線は

5日平均線が【上向き】

25日平均線が【上向き】

75日平均線が【横ばい】

 

75日平均線だけは今回の上昇の影響をまだ受けていませんね。

 

【まとめ】

今回は第一四半期の業績が大幅減益にも関わらず株価急上昇と言うような発表がありましたが、直近の目標としては【9000円台の突破】を目指す動きになるかと思います。

 


今回業績が不振だったにも関わらず株価が急上昇した理由については、前年度に退職給付金制度の変更に関する利益や事業譲渡益を計上した反動で大きく利益を落としてしまいましたが、テクノロジーソリューション事業などの国内ITサービスは好調で利益を大きく伸ばしたことが評価されたとしています。

 


この発表を受けて野村證券は富士通の投資判断を従来の『ニュートラル』から『バイ』に格上げしたことも株価を押し上げる要因になっています。

 


株価自体は先週末の26日に大きく上昇しましたが、週明けの29日は小幅な値動きに収まるなど株価自体は少し落ち着きを取り戻しつつあります。

 


第一四半期から業績自体は前年を大きく下回っているにも関わらず株価自体は大きく上昇しているというナゾの現象が起こっていますが背景を見ると特別計上によって利益が下がってしまっていると言うことでむしろ業績は好調だと言えることが株価の上昇に繋がっています。

 


更に野村證券による投資判断の格上げも今後大きく株価を伸ばす要因になりそうですね。

 


通期予想に対する進捗率が非常に悪いことだけが気になりますがこの好業績が続けば恐らく第二四半期以降も株価はしっかり伸びくるでしょうし、この調子でいけば9000円台突破も夢ではないと思っています。

 


チャートで見てみるとここまで2015年と2017年に9000円手前まで行きながら押し返されているのでここを突破すると更に上抜けが見えてきます。

 


第二四半期の業績次第になるとは思いますが業績好調の理由もしっかりしているので突破もあり得るのではないかと思います。

 


今後の発表にも是非とも注目していきたいですね。

 

 

 

以上で注目銘柄の考察を終わります‼

それではまたー\(^_^)/

 

 

 

 

 

 

【関連リンク】


こちらに過去に紹介した注目銘柄をまとめておきました!
見たかった銘柄がみつかるかも!

『副男ブログ、過去の注目銘柄』

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑↑
ポチお願いします‼
他の方のブログもここから見れます‼

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

7月29日の注目銘柄 富士通の株価上昇の理由とナゾに迫る!チャートから今後の予想も

Source: 株初心者副業男のデイトレ・スイング検証ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です